衛星通信ガイドブック2021

data18

衛星通信ガイドブック2021

(data18)

衛星通信の基礎解説から、衛星ビジネス事業者紹介、最新利用事例など、「衛星通信ビジネス」に特化し最新情報を網羅した、日本で唯一の専門誌。年1回発行。
2021年版の「SPECIAL INTERVIEW」は、スカパーJSAT(株)の「Superbird-C2」の後継衛星「Superbird-9」としてエアバスと調達契約を締結し、ニーズの変化に対応できるフレキシブル衛星の特徴などについてインタビューした。また、アリアンスペース東京事務所代表の髙松聖司氏が、日本ロケット協会の会長に就任したことを受け、今後の活動に対する抱負を聞いた。
さらに、ソフトバンク(株)の非地上系ネットワーク「NTN戦略」、スカパーJSATとNTTがSDGs実現へ向けて業務提携した話題の他、「この5年で急成長した日本の宇宙ベンチャー」と題してSPACETIDE代表理事 兼 CEO 石田真康氏によるレポートなど、宇宙・衛星ビジネス最前線をレポート。さらに、海外REPORT」、「衛星関連団体紹介」(JAXA、J-Spacesystems(前SPAC)、SSPI)、衛星通信の基礎解説やQ&A、日本のBS&CS一覧、主な衛星通信事業者一覧、衛星通信の最新利用事例等、衛星通信ビジネスに関連する最新情報を網羅

2021年7月30日発行/左右 210mm×天地297mm(A4判)/60ページ/定価1,900円/ISBN 978-4901867-82-5

在庫状態 : 在庫有り
¥1,900
数量