『ケーブルテレビのバリューデザイン ~生き残りを賭けた未来戦略~』 オンラインセミナー開催(21.6.25)

サテマガ・ビー・アイ(株)(東京・中央区、一瀬 悦子 社長)は、「ケーブルテレビのバリューデザイン ~生き残りを賭けた未来戦略~」と題して、地方創生とケーブルテレビ業界の奮起を促すオンラインセミナー(第10回)を2021年6月25日(金)に開催する。

多くのケーブル事業者が、テレビ離れや人口減少による加入者数の減少、運用・改修効率の悪化等により、厳しい事業環境に直面している。旧来型のビジネスモデルでは、混沌の時代を生き残り、事業を発展させることは困難である。そこで本セミナーでは、新規事業を創出する際の注意点と事業化のコツを踏まえて、 「ケーブルテレビが自らの未来の価値をどうデザインすべきか(=バリューデザイン)」という未来戦略を考える。

講師には、政府の地方創生政策全般に従事する、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部の宇津木達郎氏を迎える。宇津木氏は、ケーブルテレビ業界が目指すべき方向性を指し示した報告書『ケーブルビジョン2020+~地域とともに未来を拓く宝箱』(2017年、総務省)の作成に従事。また、日本の新たな社会像「価値デザイン社会」を目指すための『知的財産戦略ビジョン』(2018年、内閣)の原案作成に当たるなど、未来を描くバリューデザイナーとして活躍している。広視野・高視点から、ケーブルテレビの新たな価値、業界発展の未来図、ケーブル事業者に今求められているマインドセットから具体的なアクションまで、その根拠とともに語っていただく。


■第10回オンラインセミナー概要
<タイトル>
ケーブルテレビのバリューデザイン ~生き残りを賭けた未来戦略~

<講師>
宇津木 達郎氏
内閣官房参事官補佐 バリューデザイナー

<開催日時>
2021年6月25日(金)16:00~17:30  ※質疑応答含む

<内容>
・【開講】 振り回されていませんか? 「DXとSociety5.0」
・【時代状況】 産業の進化が社会や企業の経営にもたらす変化
・【ケーブルテレビの可能性】 「地域こそ時代の最先端」の明暗
・【夢から思考へ】 “ワタシ”から始めるということ
・【思考から創造へ】 価値をデザインするということ
・【創造から実践へ】 「この指とまれ」が未来を拓く(他者と地域を巻き込む力)
・【個別戦術論解説】 未来を描く人が今日からやるべき10の事
・【閉講】 過去/現在/未来をつなぐ

<対象>
・ケーブルテレビ事業者
(「まだやれる!もっとやれる‼」と信じて奮闘する若手や心機一転を目指す中堅スタッフ)
・自治体職員や地方創生に携わる方々

<受講料>
受講者1名につき3,300円(税込)

<受講形式>
Zoomによるライブ配信、アーカイブ配信に対応

<申込方法>
以下専用申込フォームにアクセスの上、お申し込みください。
https://www.satemaga.co.jp/shop/seminar

<問い合わせ>
E-mail : classアットマークsatemaga.co.jp
※メールはアットマークを@に変更して送信。

■講師プロフィール
宇津木 達郎(うつぎ たつろう)氏
内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 参事官補佐・バリューデザイナー

総務省入省後、幅広い行政分野に従事。2017年、総務省放送を巡る諸課題に関する検討会ケーブルテレビWGによるCATV業界の未来像を示した『ケーブルビジョン2020+~地域とともに未来を拓く宝箱』の原案を執筆。その後も内閣知的財産戦略本部による『知的財産戦略ビジョン』、『経営をデザインする』(経営デザインシート)、『ワタシから始めるオープンイノベーション』など、革新的な未来像を提言する報告書の原案執筆を担当し、現在は地方こそが日本再興のワイルドカードと捉えて活動している。

おすすめ