WOWOW子会社IMAGICAティーヴィ、10月よりWOWOWプラスに。チャンネル名は「シネフィルWOWOW」に(17.7.6)

(株)WOWOW(東京・港区、田中晃社長)は7月6日、定例会見を開き、子会社の新社名、この夏の注目コンテンツや総合テニスサイトの開設等について発表した。
今年4月3日に子会社化した(株)IMAGICAティーヴィ(東京・港区、牧野力社長)は、10月1日より社名を(株)WOWOWプラスに変更、運営チャンネル「イマジカBS・映画」を「シネフィルWOWOW」に変更する。開局時のブランドである名画を中心としたシネフィル(映画通という意味)向けの専門性の高い編成を強化する。なお、もうひとつのチャンネル「歌謡ポップスチャンネル」の名称は変更しない。
また、「テニスはWOWOWのキラーコンテンツ」(田中社長)とし、テニスを核とした多面展開について紹介。7月前半の『ウィンブルドンテニス』(連日生中継)、8月28日~9月11日の『全米オープンテニス』(連日生中継)、9月11日~17日の『ジャパンウィメンズオープンテニス』を、WOWOWプライムとWOWOWライブで放送。また、6月に開設したベースボール・マガジン社との共同運営による総合テニスサイト「テニスデイリー」、そして新たにテニスレッスンアプリ「WOWOWパーソナルコーチ」(月額8,000円)をリリースしたことを発表した。
音楽では、浜崎あゆみのライブを7月30日に、MISIAのライブを8月13日にWOWOWライブで放送するが、この放送に先駆け、WOWOWメンバーズオンデマンドでライブ当日に生配信することを発表。「WOWOWメンバーズオンデマンドのコンテンツもさらに充実させ、第4のチャンネルに育てていきたい」と方針を語った。

あわせて読みたい