VIPO、「ローカライズ企業ビジネスマッチング」を開催(17.1.26)

特定非営利活動法人映像産業振興機構(東京・中央区、松谷孝征理事長)は、1月26日に同機構にて、「ローカライズ企業ビジネスマッチング」を開催した。
同イベントはコンテンツなどの海外展開などに当たり、現地語等へのローカライズを求める企業と、ローカライズ事業を展開する企業とのマッチングを行うことを目的に開催されたもの。当日はコンテンツ企業やローカライズ企業等を中心に、多くの人が会場を訪れた。
イベントではまずローカライズを手がける企業がプレゼンテーションを実施。(株)アクティブゲーミングメディア、(株)アミューズ、(株)エミュース インターナショナル、(株)AWSOME JAPAN、(株)オルトプラス、(株)叶音、(有)ティーアイ・コムネット、TSSプロダクション、DICO(株)、(株)東北新社、日本映像翻訳アカデミー(株)、(有)パッソ・パッソ、(株)フジヤマ、(株)ラパンの14社が、それぞれの企業の特長やローカライズの得意分野などについて紹介した。その後個別相談の時間が設けられ、ローカライズに興味のある事業者が、プレゼンを行なった各社のブースを訪れ、相談を行なっていた。

あわせて読みたい