TBS、日経、テレ東、WOWOW、電通、博報堂が動画配信プラットフォーム新会社を設立(17.5.23)

(株)東京放送ホールディングス(東京・港区、武田信二社長、以下TBSHD)、(株)日本経済新聞社(東京・千代田区、岡田直敏社長、以下日経)、(株)テレビ東京ホールディングス(東京・港区、高橋雄一社長、以下TXHD)、(株)WOWOW (東京・港区、田中晃社長)、(株)電通 (東京・港区、山本敏博社長)、(株)博報堂DYメディアパートナーズ(東京・港区、大森壽郎社長、以下博報堂 DYMP)は、有料動画配信サービス等を行う新会社「(株)プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」(仮称)を共同で設立することに合意した。新会社の資本金は80億円(うち資本金40億円、資本準備金40億点(予定))で、出資構成はTBSHD31.5%、日経16.6%、TXHD14.9%、WOWOW14.9%、電通14.8%、博報堂DYMP7.3%。代表取締役社長には高綱康裕氏、代表取締役専務には船木隆氏が就く。設立日は2017年7月3日の予定。所在地は東京都港区となる。
新会社は、新しいスタイルの視聴体験を提供し、国内の映像文化の発展に寄与することを目的に設立。動画配信等に関するプラットフォームを構築し、さまざまなIPインフラを利用して、これまでの動画配信サービスの枠にとどまらない新たな形態のサービス提供を目指す。
具体的な新プラットフォームやサービスの特徴としては、▼視聴者に信頼される選りすぐりの優良コンテンツの提供▼株主各社の特色を生かしたコンテンツを随時更新(ドラマ・バラエティ・スポーツ・音楽ライブ・経済報道など)▼視聴者層の拡大を狙ったオリジナルコンテンツの制作(共同制作を含む)・配信(放送番組のスピンオフ企画、ショート・コンテンツなど)▼BS4K 放送に先駆けて4Kコンテンツを配信▼AIなどの最先端技術を活用▼他の放送会社などさまざまなコンテンツホルダーからも幅広く番組を調達、の6点が挙げられている。
新会社は18年4月にサービスを開始する予定。それに先出、17年秋以降を目途にプレサービスを開始する予定となっている。

あわせて読みたい