SNET、標定点が不要なドローン測量システムを発売(17.9.8)

(株)衛星ネットワーク(東京・港区、松本崇良社長、以下SNET)は、(株)トプコン(東京・板橋区、平野聡社長)が発売した「TSトラッキング UAS」を標準搭載した専用ドローン「enRoute QC730-TS」の販売を開始した。
ドローンによる空中写真測量は、工事現場の地形を3次元モデル化することが容易なため、国土交通省の推進する「i-Construction」仕様による施工の増加に伴い活用が盛んになっている。しかしながら従来の方法では、撮影するカメラの3次元位置を測定するために、多数の標定点を地上に設置して写真に写しこむ必要があり、さらに解析精度を考慮してこの標定点を設置・計測する作業には熟練と経験を要するだけでなく、工事の進捗とともに設置や撤去を繰り返し行う必要がある等、作業効率の点で大きな課題があった。
そのような中、本年3月に国土交通省によりドローンを用いた空中写真測量の作業要領が改訂され、「カメラ位置を直接計測できる手法」を併用する場合は標定点の設置や観測を省略することが認められた。今回、トプコン及び SNET が発売する「TSトラッキングUAS」とこれに対応した「enRoute QC730-TS」は、この改訂内容に準じたシステムであり、トータルステーションでドローンを自動追尾が可能、かつ世界で初めて標定点を不要とする大幅な省力化を実現する空中写真測量システムである。
専用ドローン「enRoute QC730-TS」は SNET の子会社である(株)エンルート(埼玉・朝霞市 瀧川正靖社長)が開発・製造し、SNET が供給する。エンルートは国内における産業用マルチコプタータイプドローンのリーディングカンパニーであり、同社が製造する専用機体を供給することで、ドローン機体のメンテナンス、トレーニング、保証など、 ユーザーが「TSトラッキングUAS」を円滑に運用できる体制を整えた。

あわせて読みたい