NTTドコモ、30チャンネルの専門チャンネル見放題「dTVチャンネル」、50ch以上見放題の「ひかりTV for docomo」を開始(17.10.18)

(株)NTTドコモ(東京・港区)は、スマートフォン等で30以上の専門チャンネルが見放題となる映像サービス「dTVチャンネル」と、光回線を利用し、自宅や外出先で50以上の専門チャンネル、地上・BSデジタル放送に加え、約16万の映像コンテンツがオンデマンドで視聴できる「ひかりTV for docomo」を18年1月以降から順次提供すると発表した。
「dTVチャンネル」は、スマートフォンやタブレットとインターネット環境があれば、日本初提供の「ソニー・チャンネル」をはじめ、「ディズニージュニア ライト」など30以上の専門チャンネルが、いつでもどこでも見られる、定額制見放題サービス。ドコモの回線利用者であれば、月額780円(税抜)で利用できるほか、「dTVチャンネル」を「dTV」(月額500円[税抜])とセット利用の場合、毎月料金の合計額から300円を割引にする。「ひかりTV for docomo」は、ドコモ光等の光回線を利用し、50以上ある見放題の専門チャンネルと地上・BSデジタル放送をあわせた多チャンネル放送に加えて、「dTV」のコンテンツを含む約16万の映画やドラマ、音楽ライブ等のコンテンツが、家の中、外出先を問わずいつでも視聴できる映像サービス。4K・HDR等の高画質コンテンツの視聴に対応。ドコモの回線ユーザーならば、月額2,500円(税抜)から利用可能。さらに、「DAZN for docomo」とのセット割引も提供する。なお、同サービスは、18年春からの提供を予定している。・u・
ドコモは、「ひかりTV for docomo」をはじめとする全ての映像サービス等を自宅のテレビで視聴するためのSTB「ドコモテレビターミナル」(18年1月発売予定)を新たに開発した。「ドコモテレビターミナル」は、外付けHDDを接続することで、番組の録画も可能。専用アプリを使うことで、家の別室や外出先から、スマートフォン等で「ドコモテレビターミナル」を操作して録画予約をしたり、外出先で映像コンテンツを視聴することができる。

あわせて読みたい