NTTドコモ、世界初360度8KVRライブ映像配信・視聴システムを活用した5G実証実験に成功(18.9.19)

(株)NTTドコモ(東京・千代田区、吉澤和弘社長)は、9月16日(日)に開催された日本最大級のダンスフェスティバル「にいがた総おどり」で、第5世代移動通信方式(以下、5G)による8KVR映像伝送の実証実験を、新潟市の実証実験事業の一環として、新潟総踊り祭実行委員会と、水槽空間の導入や施工をしている新潟市の(株)アクアデザインアマノの特別協力のもと、実施した。新潟市、アクアデザインアマノは「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加している。
本実証実験では、ドコモが2020年に商用サービス開始をめざす5Gが持つ「高速大容量」という特性を生かし、カメラで撮影した「にいがた総おどり」の映像を、リアルタイムに8K全天周映像に合成・圧縮処理した上で、5Gにより伝送し会場内特設ブースのヘッドマウントディスプレイにライブ配信した。
360度8KVRライブ映像配信・視聴システム(※1)で、複数のカメラで撮影した高画質映像をリアルタイムに8K全天周映像に合成・圧縮処理し、5Gで無線伝送する技術のフィールド実証は、世界初(※2)となる。
今後、本技術を応用することで県外の方や外国の方にもリアルタイムで、「にいがた総おどり」の魅力を伝えられるようになるほか、産業、エンタメ、教育、防災などの幅広い分野での活用を想定している。
なお、本システムは、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画している1728の企業・団体(※3)向けに提供する常設5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ(TM) Yotsuya」で10月より展示を行う予定。

※1:円周方向に外向きに配置された5台のカメラから出力される4K魚眼形式映像をリアルタイムに合成(スティッチング(※4))し、30fps(※5)で360度8K映像を出力するリアルタイムスティッチング装置、360度8K映像をサーバへ配信するためにリアルタイムで圧縮(エンコード)を行うリアルタイムH.264エンコーダ、360度8K映像を複数方向のタイルに分割するリアルタイムパノラマ超エンジンエンコーダ、そしてこのタイルをユーザの視聴方向に合わせて配信する配信サーバから構成されるシステム
※2:2018年9月18日現在。ドコモ調べ
※3:2018年9月14日(金)時点
※4:複数のカメラで撮影された映像を境界がわからないようにつなぎ合わせること
※5:映像を1秒間に30フレーム表示すること

あわせて読みたい