NTTぷらら、17年度上期事業説明会開催。吉本興業との「大阪チャンネル」開始等を発表(17.4.18)

(株)NTTぷらら(東京・豊島区、板東浩二社長)は、4月18日に2017年度上期事業説明会を開催し、吉本興業と「大阪チャンネル」開始、「ひかりTVクラウドC」の提供開始等を発表した。
「大阪チャンネル」は、吉本興業とタッグを組み、関西のテレビ局の毎日放送、朝日放送、テレビ大阪、関西テレビ放送、讀賣テレビ放送、サンテレビなどと連携した映像配信サービス。NTTぷららと吉本興業がサービス企画および番組プロデュースを共同で行う。関西地区の人気番組のアーカイブや、地上波放送後の見逃し配信、なんばグランド花月などの劇場公演の独占配信等を行う。
提供形態は、スマートフォン向けアプリを通じて提供するサービスと、ひかりTV契約者向けのプレミアムビデオ(月額見放題サービス)の2つ。スマートフォン向けサービスは、モバイル端末のみで視聴可能で、月額480円(税込)。プレミアムビデオは月額432円(税込)でテレビ・モバイル・PCで視聴可能。両形態ともは4月25日からサービスを開始する。
板東社長は、「関西には面白いディープなコンテンツがたくさんある。関西以外でも視聴できたら面白い」とサービス提供の経緯を語り、よしもとクリエイティブ・エージェンシー 執行役員 マネジメントセンター センター長、コンテンツビジネス担当の山地克明氏は「バラエティ中心だが、今後は関西のドラマやドキュメンタリーも揃えていく」と今後の方針を説明。なお、加入目標値は、「最低でも3年間で30万会員」。これを機に、名古屋編、九州編等の可能性も両社で検討していく。
「ひかりTVクラウドC」は、テレビとスマートフォンをつなげる映像コミュニケーションサービス。スマートフォンで撮影した動画や写真をネット接続されたひかりTVのサーバー上(クラウド)に保存し、ひかりTV対応チューナーを通じて画面上で見たり、スマートフォンとテレビ間でのビデオ通話を楽しむことができるサービス。
ひかりTVは4Kに注力。スマートフォン等でも4K動画の撮影が可能であることから、ユーザー利用面でも4K化を加速させる狙い。提供開始は6月の予定で、64G相当で月額324円(税込)。5GならばひかりTV会員は無料。
会見では16年度の主な取り組みも発表され、17年3月末で1,589本の4Kコンテンツを取り揃えているほか、世界初のHDR対応4K-IP放送での侍ジャパン野球中継、4Kによる映画制作出資などの実績を発表した。

あわせて読みたい