NHK、大英博物館と8K撮影番組を国際共同制作(17.4.6)

NHK(東京・渋谷区、上田良一会長)は、浮世絵師・葛飾北斎の作品の謎に8K撮影で迫る番組を、イギリス・大英博物館で共同制作する。
同番組の共同制作は、8Kに関心のあった大英博物館からの打診で実現したもの。同博物館が所蔵する浮世絵版画「富嶽三十六景」の「凱風快晴」や肉筆画「鎮西八郎為朝図」のほか、世界各国の美術館や個人が所有する北斎作品を8Kで撮影し、映像をもとに大英博物館を中心とするチームが作品を分析する。
放送は今秋移行を予定しており、BSプレミアム、NHKワールドTV、8K放送で放送される予定。

あわせて読みたい