NHK、フレキシブルディスプレーの⻑寿命化に向けた有機EL⽤材料を開発(19.9.17)

日本放送協会(放送センター本部:東京・渋谷区、上田良一会長、以下NHK)は、巻き取りや折り曲げができるフレキシブルディスプレーの実現を⽬指し、有機EL(※1)の研究開発を進めてきたが、今回、⻑寿命化に向けて新たな有機EL⽤材料の開発に成功したことを発表した。*
フレキシブルディスプレーを実現するためには、ディスプレーで⼀般的に⽤いられるガラスに代わって、薄くて柔らかいプラスチックのフィルム上に、⾚・⻘・緑に発光する有機ELを形成する必要がある。ガラス上に形成した有機ELでは、発光に必要となる電⼦をスムーズに供給する電⼦供給材料の⼀部にアルカリ⾦属を使⽤している。しかし、フィルムは酸素や⽔分を通しやすい性質があるため、アルカリ⾦属が劣化しディスプレーの⼗分な寿命が得られなかった。
そこで、アルカリ⾦属に代わって、フィルムでも⾼い安定性を保ち、⻑寿命化を実現する塩基性物質(※2)を使⽤した電⼦供給材料を新たに開発。また、この電⼦供給材料は、⽔素結合が作る分極(※3)の効果によって電⼦をスムーズに供給できることを、世界で初めて明らかにした。
なお、今回の研究成果は、9⽉6⽇に材料科学の専門誌Advanced Materialsに掲載された。今後もフレキシブルディスプレーの早期実現に向け研究開発を加速していく。
* 本材料は株式会社⽇本触媒との共同開発。

※1 有機エレクトロルミネッセンスの略。ある種の有機化合物を⽤いた層状の構造体に電流を流
すと発光する現象。
※2 酸素や⽔の影響を受けにくい有機物質。⽔素イオンを受け取りやすい性質を持つ。
※3 物質中の正負の電荷の偏り。

フレキシブルディスプレーのイメージ

あわせて読みたい