NEDOとスカパーJSAT、衛星通信を利用した高高度無人航空機の飛行・通信実験を福島県で実施(17.12.7)

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(神奈川・川崎市、古川一夫理事、以下NEDO)とスカパーJSAT(株))(東京・港区、高田真治社長)は11月27日から12月1日までの5日間、福島県福島市のふくしまスカイパークにおいて、通信衛星と目視外ドローンをつなぐ中継基地として導入を想定している高高度無人航空機の飛行・通信実験を実施した。
その結果、目視外エリアでもドローンの通信環境を構築できる可能性を確認できたという。同実験で得られた知見を高高度無人航空機の設計、無人航空機搭載用無線機器の設計に反映し、災害現場や地上通信網が未整備な地帯でもドローンの目視外飛行を可能とする運航管理システムの実現を目指す。
同実験は、11月22日にNEDOと福島県が締結した「福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証等に関する協力協定」の取り組みの一環であり、協定締結後に実施する実証試験の第一弾となる。

あわせて読みたい