LINEとサイバーエージェント子会社、次世代チャットカスタマーサポートの共同プロジェクトを開始(18.6.21)

(株)サイバーエージェント(東京・渋谷区、藤田晋社長)は、アドテクノロジー事業において、人工知能を活用したチャットボット事業を行う子会社である(株)AIメッセンジャー(東京・渋谷区、石川大輔社長、以下AIメッセンジャー)がLINE(株)(東京・新宿区、出澤 剛社長)と共同でチャットに特化した次世代型チャットカスタマーサポートを推進するプロジェクトを開始したことを発表した。
AIメッセンジャーでは人工知能を活用したチャットプラットフォーム「AI Messenger」を提供しており、以前よりLINEの法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」とのパートナー連携を通して「LINE カスタマーコネクト」が提供する全ての機能に対応するなど、次世代型チャットカスタマーサポートの推進に努めてきた。
そしてLINEとより一層の協力体制を構築し、チャットに特化した次世代型チャットカスタマーサポートの推進を目的に次の共同プロジェクトを開始する。
①両社が保有するリソースの相互活用による新商品の開発
②オペレーターと人工知能を掛け合わせたチャットサービスの共同運営及び新商品開発
③LINE カスタマーコネクトにおける共同マーケティング
AIメッセンジャーではこれらの取り組みを通して、チャットコミュニケーションに特化した次世代型チャットカスタマーサポートの開発・運営に努め、2019年3月までにAIメッセンジャーにて「LINE カスタマーコネクト」を活用する新規導入企業数100社を目指すとともに、引き続き人工知能研究による更なるサービス開発・拡充を図る。

▼AI メッセンジャー コーポレートサイト
https://www.ai-messenger.jp/

あわせて読みたい