KDDI研と住友電工、光ファイバー1芯で10ペタビットの伝送実験に成功(17.9.22)

(株)KDDI総合研究所(埼玉・ふじみ野市、中島康之社長)、住友電気工業(株)(大阪・大阪市、井上治社長)は、光ファイバー1芯で伝送することができる伝送容量の世界記録(毎秒2.15ペタビット)を大幅に更新し、世界最大となる毎秒10.16ペタビットの光ファイバー伝送実験に成功した。
これは114の空間多重を可能とするマルチコアマルチモード光ファイバー技術を用いている。伝送容量10ペタビットは、1秒でブルーレイディスク2.5万枚分(50GB/両面)のデータを伝送できるスピードであり、また、1億人が同時に100メガビットの通信を可能とするスピード。5G以降の時代には、無線技術だけでなく、それを支えるネットワーク技術や光ファイバー伝送技術の革新は不可欠だが、この技術は、より低遅延で高速な5G以降のモバイル通信システムを支え、“新しい体験・サービス”を提供するキー技術として期待されている。

あわせて読みたい