KDDI、J:COM利用者向けに「J:COM LINK」を12月1日より提供開始(19.11.20)

KDDI(株)(東京・千代田区、髙橋 誠社長)は、(株)ジュピターテレコム(東京・千代田区、井村 公彦社長、以下J:COM)向けに新たに開発したSTB(セットトップボックス)「J:COM LINK」を2019年12月1日より、J:COMのサービス加入者向けに提供を開始する。
「J:COM LINK」は、4K放送対応をはじめとする多彩な地上波、BS・CSの放送サービスが視聴できることに加え、新しく使いやすくなったJ:COMオンデマンドやNetflix、DAZN、AbemaTVなどの動画配信サービスのアプリが本体にインストール済みとなっており、1台のSTBでさまざまなエンターテインメントを楽しむことができる。
また、利用者の「見たい」に素早く応答する独自のUIにより、すべての機能に一元的にアクセスできるほか、付属リモコンの音声マイクに話しかけるだけで、放送番組だけでなくYouTubeやネット動画サービスから録画したコンテンツまでシームレスに一括検索ができるため、多くのコンテンツから『見たいものが簡単にすぐに見つかる』次世代のテレビ視聴が体験できる。その他音声操作として、チャンネルの選局や録画予約といった操作に加え、アプリケーションの起動など多くの操作も簡単に行える。
KDDIは、現在全国49局の提携ケーブルテレビ会社向けにSTB(ケーブルプラスSTB)を提供しているが、今回の「J:COM LINK」をJ:COMの10社69局を通じて、加入者に提供し、ワクワクするテレビ視聴体験を創造していく。

※J:COM TV の新 STB「J:COM LINK」詳細
https://www.jcom.co.jp/service/tv/link/

あわせて読みたい