KDDI、月面資源開発の事業化に取り組む宇宙企業「ispace」へ出資(17.12.13)

KDDI(株)(東京・千代田区、田中孝司社長)と月面資源開発の事業化に取り組む次世代の宇宙企業(株)ispace (東京・港区、袴田武史代表取締役)は、ispaceが取り組む月面資源開発事業において、通信技術によるサポートに加えて、両社で宇宙領域における活用可能な通信技術のさらなる向上を目的に、資本業務提携の契約を締結したことを発表した。
KDDIは、これまでispaceが運営する日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO (ハクト)」のオフィシャルパートナー契約を通じ、KDDIが培ってきたICTや通信技術の知見をHAKUTOにおける通信システムの共同開発に活用するなど、世界初の民間企業による月面探査をサポートしている。
ispaceは、民間では日本初となる、独自開発の月着陸船による「月周回」と「月面着陸」の2つの月探査ミッションを始動させる。ispaceが独自で開発する月着陸船を2020年末までを目途に2回打ち上げ、Mission 1として2019年末頃に月周回軌道へ投入して軌道上からの月探査を、Mission 2として2020年末頃に月面に軟着陸して月面探査ローバーで月面探査を行う予定。
KDDIは今回の資本業務提携により、ispaceの今後の事業成長を通信技術の面でサポートするとともに、宇宙領域で活用可能な通信技術のさらなる強化に取り組んでいく。
【ispace公式サイト】 https://ispace-inc.com/jpn/

あわせて読みたい