J:COM、2020シーズンもプロ野球をセ・パ全12球団の公式戦を生中継(2020.1.31)

(株)ジュピターテレコム(東京・千代田区、井村公彦社長、以下J:COM)は、3月20日(金)に開幕するプロ野球セントラル・リーグ、パシフィック・リーグ全12球団が行う公式戦を生中継(※1)する。J:COMのプロ野球中継は、スマートフォン、タブレット、PC向けにライブ配信(※2)を行うため、移動中や外出先でもリアルタイムで視聴できる。
ペナントレースの戦いだけでなく、春季キャンプ、オープン戦、交流戦、クライマックスシリーズ、日本シリーズ、ファーム戦、ドラフト会議など、シーズンを通じてあらゆるプロ野球コンテンツの生中継に加えて、プロ野球ニュースやプロ野球バラエティ番組など、多彩な野球関連番組を放送。また、J:COMが運営するコミュニティチャンネル(※3)(「J:COMテレビ」「J:COMチャンネル」)では、地域の少年野球大会や高校野球の地方大会など、夢に向かってプレーする野球選手たちの活躍が楽しめる。
J:COMのプロ野球中継は、自宅のテレビだけでなく、「J:COM オンデマンド」アプリで移動中や外出先でもスマートフォンやタブレットでも視聴可能。また、J:COMのモバイルサービス「J:COM MOBILE」加入者は、「J:COMオンデマンド」アプリで視聴した際のデータ通信量がカウントされない(※4)ため、外出時もパケット制限や通信費を気にせずに、たっぷりとプロ野球を楽しむことができる。

★「J:COMプロ野球中継2020」公式サイト★
https://www2.myjcom.jp/npb/

※1 放送予定は予告なく変更となる場合、また一部地域で録画放送になる場合あり。
※2 「J:COM TV スタンダードプラス」「J:COM TV スタンダード」の加入者が対象(一部試合を除く)。利用には「J:COMオンデマンド」アプリまたは「J:COMオンデマンド for J:COM LINK」アプリのインストール、及びJ:COM パーソナルID の作成が必要。PCでの視聴は、J:COM LINKの加入者のみ対象。
※3 J:COMの有料サービスへの加入・未加入問わず、J:COMネットワークに接続済みの世帯なら無料で視聴可能。J:COMサービスエリア内の約1389万世帯(2019年12月末時点)で視聴できる。
※4 各対象アプリ経由でのデータ通信時に限る(検索など、操作によっては一部通信量が発生する場合あり)
「J:COM MOBILE Aプラン スマホセット」およびJ:COM指定サービスへの加入が必要。
ネットワーク混雑回避のため、当日を含まない直近3日間に6GB以上利用の場合、通信速度を終日制限する場合あり。

あわせて読みたい