J SPORTS「WRC世界ラリー選手権2019」全戦を徹底放送(19.1.21)

国内最大4チャンネルを運営するスポーツテレビ局、(株)ジェイ・スポーツ(東京・江東区、木下伸社長、以下J SPORTS)は、は、1月24日に開幕する世界最高峰ラリーの「WRC世界ラリー選手権(以下WRC)」を今シーズンも全戦放送する。またPC、スマホ、タブレットで見られる「J SPORTSオンデマンド」でも放送同様に配信を行う(J SPORTSオンデマンドは有料サービス)。
昨シーズンのWRCは、セバスチャン・オジェの6年連続ドライバーズタイトル獲得、TOYOTA GAZOO RacingのWRC復帰2年目でのマニファクチャラーズタイトル獲得など話題が多く、モータースポーツファンを大いに楽しませた。その興奮が冷めやらぬ中、早くもWRCの2019年シーズンが開幕。今シーズンも伝統のラリー・モンテカルロ(モナコ)から始まり、11月のラリー・オーストラリア(オーストラリア)まで約1年をかけて世界中を転戦。ドライバーとメーカーの技術力とプライドをかけた熱き戦いが14戦繰り広げられる。
J SPORTSにおけるWRCの放送が20周年を迎える今年、ますます盛り上がりを見せるWRCの魅力をさらに発信するため、番組のリニューアルを敢行。最大の目玉は、生中継を増やして欲しいという要望に応える、番組史上初となるパワーステージ以外の『スペシャルステージ(以下SS)全戦生中継』だ。開催地の特色溢れるコース設定になっているSSの中から毎戦1ステージを厳選し、生中継する。最終日に開催されるパワーステージの生中継と併せ、現地の緊張と興奮の模様をLIVEで堪能できる。
※開催スケジュールの都合により放送/配信できない場合あり。

■J SPORTSモータースポーツ特集サイト https://www.jsports.co.jp/motor/
■J SPORTSモータースポーツ公式Twitter @jsports_motor

昨年19年振りにタイトルを獲得したTOYOTA GAZOO Racing。新たにクリス・ミークが加入し、今年も3台体制でタイトル獲得を目指す。

あわせて読みたい