J SPORTS、「バドミントンS/Jリーグ」の開幕戦からトップ4トーナメントを徹底放送・配信(18.12.5)

「J SPORTS」((株)ジェイ・スポーツ、東京・江東区、木下 伸社長)は、12月8日に富山県高岡市民体育館で開幕する国内最高峰のリーグ戦「バドミントンS/Jリーグ」を今年も放送。さらにスマートテレビ、スマホ、PCなどで見られる「J SPORTSオンデマンド(有料サービス)」では、注目試合の先行LIVE配信や限定配信を行う。 3年目のシーズンを迎えるS/Jリーグは、参加チームを男女8チームから男女10チームに拡大し、SブロックとJブロックの2リーグ制を導入するなど大会システムを大幅リニューアル。さらに、各ブロック上位2チームによるトップ4トーナメントで日本一を決するプレーオフ制が導入された。 試合形式は2つのダブルス、1つのシングルスで競われるチーム戦。昨シーズン、男子は園田啓悟/嘉村健士ペアの所属するトナミ運輸が連覇を達成。女子は髙橋礼華/松友美佐紀ペア率いる日本ユニシスが大逆転で女王の座を掴み取った。 今年は世界選手権で優勝し、日本男子初の世界ランキング1位を経験した桃田賢斗の所属するNTT東日本や、同じく女子ダブルスで世界選手権優勝を果たした松本麻佑/永原和可那ペアの所属する北都銀行の活躍にも注目。 日本代表同士の戦いはもちろん、チーム戦略や応援合戦など個人戦とは違った団体戦ならではのみどころ盛りだくさんのS/Jリーグ。 J SPORTSでは開幕戦からトップ4トーナメントまで注目試合を放送する。さらにJ SPORTSオンデマンドでは、放送カードの先行配信やJ SPORTSオンデマンド限定カードの配信もLIVEを中心に行う。

■J SPORTSバドミントン特集サイト
https://www.jsports.co.jp/badminton/

■J SPORTSバドミントン公式ツイッター
@jsports_shuttle

あわせて読みたい