dTV 、テレビ朝日の人気ドラマシリーズ『ドクターX ~外科医・大門未知子』『時効警察』などを一挙配信(19.9.30)

「dTV」((株)NTTドコモ、東京・千代田区、吉澤和弘社長)は、テレビ朝日系列で長年にわたりシリーズ化している大人気ドラマを10月1日(火)から一挙配信する。
テレビ朝日は2019年2月に開局60周年を迎え、現在まで数々の人気番組を制作してきた。今回まずは、「私、失敗しないので」の決めゼリフで有名な米倉涼子主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』。2012年にスタートし、現在までに通算5つのシリーズが放送されている。
米倉が演じるフリーランスの女性外科医大門医師の活躍のみならず、西田敏行演じる蛭間院長と遠藤憲一演じる海老名医師のコミカルなやり取りや、放送当時の流行や時事ネタを取り込んだ作風が人気で毎回高視聴率を獲得。さらに大門医師の口癖で医師免許がなくても出来る仕事は一切しない意思表示の言葉「いたしません」や大門以外の医師たちが頻繁に上司の顔色を伺って答える言葉「御意」など、シリーズの中で数々の流行語も生み出された。毎回行われる大門医師の鮮やかで斬新なオペや、内田有紀や岸部一徳などシリーズを通じて出演している豪華俳優陣たちの迫真の演技を楽しむことが出来る。
10月17日(木)からは市村正親、武田真治、ユースケ・サンタマリアなど新キャストが加わった待望の新シリーズが放送。そして、12年ぶりに復活するのがオダギリジョー主演の刑事ドラマシリーズ『時効警察』。時効が成立した事件を趣味で捜査する警察官霧山オダギリジョーの活躍を描くコメディーミステリーで、第1シリーズは優れたテレビ番組を顕彰する「ATP賞テレビグランプリ2006」のドラマ部門で最優秀賞も受賞している。10月11日(金)には新キャストに吉岡里帆を加え、さらにパワーアップした同番組シリーズ『時効警察はじめました』がスタート。今回の新シリーズは、霧山がアメリカのFBIから12年ぶりに帰国し、再び時効管理課に戻って来たところから始まる。そして時効捜査の助手・三日月しずか役の麻生久美子も参戦。オダギリジョーとの再々タッグを見ることができるばかりでなく、作品にゆかりのある面々が集結し、新メンバーとの化学反応を起こす。
なお今年4月に放送され、世間で話題となったあえて結婚しないことにしているアラフォー独身男性3人の日常を描いた高橋一生主演のドラマ『東京独身男子』も同時配信する。

◆利用方法
dTV WEBサイト( https://pc.video.dmkt-sp.jp/ )から会員登録

帰ってきた時効警察

ドクターX~外科医・大門未知子~(2017)

あわせて読みたい