DAZN、Jリーグ中継で不具合発生。2試合視聴できず(17.2.27)

スポーツ専門の映像配信サービス「DAZN」(Perform Investment Japan(株)、東京・港区)において、2月26日に開催されたJ1リーグ「ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府」の16時50分開始以降と、J2リーグ「愛媛FC vs ツエーゲン金沢」の16時47分以降のライブ配信が視聴できない状況が発生した。
「愛媛FC vs ツエーゲン金沢」では画面上がバッファリング状態になり、試合が視聴できなくなったほか、見逃しサービスも視聴できない状況になった。また、「ガンバ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府」も画面上がバッファリング状態になり、視聴できなくなった。
DAZNは、ガンバ大阪戦を急きょ、Goal.comを通じてライブ配信して対応したほか、JリーグYouTube公式チャンネルでも20時28分から配信を開始。また、愛媛戦はJリーグYouTube公式チャンネルで23時53分から配信を開始し、翌0時45分からDAZNにてガンバ戦を、翌3時15分からDAZNでの愛媛戦のオンデマンド配信を開始し、対応した。
今回の視聴不具合について、運営するPerformは、配信映像へ方式変換するプラットフォームにあるスケジューリングシステムの構築誤差が起因したことによるものとしており、極めて稀なケースだったため復旧に時間がかかったとしている。

あわせて読みたい