DAZN、スペイン国王杯3シーズンの独占放映権を獲得(19.12.9)

「DAZN(ダゾーン)」(Perform Investment Japan(株)、東京・港区、ジェイムズ・デビット・ラシュトン代表)は、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の2019-2020シーズン以降3シーズンの独占放映権を獲得したことを発表。日本時間12月17日(火)の試合よりライブ配信を行う。 コパ・デル・レイは、スペイン最古のカップ戦で、昨シーズンはバレンシアが史上初の5連覇を狙ったバルセロナを退け、11年ぶり8度目の優勝をかざった。日本時間2020年4月19日(日)に決勝が行われる2019-2020シーズンからは、参加チーム数が昨シーズンの83から116に増加。このため試合方式も大きく変更となり、従来のホーム&アウェイ方式は準決勝のみで、その他は一発勝負のノックアウト方式で行われる。過去に同様の形式で開催された際には、ビッグクラブが格下のクラブに敗れる波乱も起きており、UEFAヨーロッパリーグの出場権を賭けた熱い戦いが繰り広げられる。
DAZNでは、カタルーニャ州の治安悪化により延期となった、ラ・リーガ サンタンデール第10節のバルセロナ対レアル・マドリード、エル・クラシコもライブ配信する。伝統の一戦を前に、元バルセロナの選手であるDAZNアンバサダーのアンドレス・イニエスタ選手と、今シーズンで現役引退するダビド・ビジャ選手がその歴史や見どころについて語った独占インタビュー番組の配信も開始。
注目の一戦のライブ配信をはじめ、充実のコンテンツを誇るDAZNが、スペインサッカーの魅力をたっぷりと伝える。

■コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)
12月17日(火)より決勝まで各節ライブ配信予定。

■「ラ・リーガ サンタンデール 第10節 バルセロナ vs レアル・マドリード」
【配信日時】12月19日(木)4:00 キックオフ
【解説】戸田和幸氏
【実況】桑原学氏

あわせて読みたい