CDN/C利活用検討プロジェクト、VRコンテンツをケーブルテレビ網でIPDC伝送(17.3.31)

CDN/C 利活用検討プロジェクトは、東京ケーブルネットワーク(株)(東京・文京区、以下TCN)のケーブルテレビ網を用いての高精細VR映像の伝送検証実験を実施した。実験では、大容量のVRコンテンツデータをIPDC伝送し、ケーブルネットワークのCDNとしての有効性を確認できたという。
CDN/C利活用検討プロジェクトは、TCN、(株)クナイ、(株)東亜エレクトロニクス(株)、(株)クロスデバイス、(株)J.COTTの5社が構成。また、実験実施にあたり、総務省関東総合通信局、(株)東北新社が参加したほか、一般社団法人日本ケーブルラボ、IPDCフォーラム、一般社団法人ケーブルテレビ情報センターが後援した。
実験により、大容量データのVR動画コンテンツをIPDCを用いて、ケーブルネットワーク内を伝送し、伝送路先のユーザー環境で、同コンテンツを良好に受信・再生できたという。コンテンツ再生には、クロスデバイス社のVRアプリを使用。

あわせて読みたい