BS10 スターチャンネル放送作品、第70回エミー賞計20部門で受賞を獲得(18.9.18)

「BS10 スターチャンネル」((株)スター・チャンネル、東京・港区、小坂恵一社長)は、同チャンネルの放送作品が、第70回エミー賞計20部門で受賞を獲得し、一昨年、昨年に引き続き、日本国内の放送チャンネルで最多受賞を記録したことを発表した。
第70回エミー賞の授賞式は、9月18日(日本時間)に開催された。作品別では、BS10 スターチャンネルが昨年7月より、本国アメリカと“完全同時放送”した『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』が、ドラマシリーズ部門で3シーズン連続となる作品賞、助演男優賞を含む計9部門で受賞を獲得し、ピーター・ディンクレイジが3度目の助演男優賞を獲得。
今年11月より放送予定の『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』が、リミテッドシリーズ/TVムービー部門で、作品賞、ライアン・マーフィの監督賞、ダレン・クリス初の主演男優賞を含む計7部門で受賞した。
さらに、現在、BS10 スターチャンネルが日本語吹替版を独占初放送中の『ウエストワールド シーズン2』が、ドラマシリーズ部門で助演女優賞を含む計4部門で受賞を獲得し、タンディ・ニュートンが初の助演女優賞を受賞。
BS10スターチャンネルがその多くの作品を“日本独占最速”しているHBOは、放送局別で計23部門受賞。今年のノミネート数ではトップを譲るも、結果として受賞数で1位タイに立ち、18年連続となる「エミー賞最多受賞」記録を更新した。『ゲーム・オブ・スローンズ』をはじめ様々な作品が受賞に輝き、HBO作品の圧倒的な質の高さを証明している。

『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』
© 2018 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.-Photo:Macall B. Polay/HBO

あわせて読みたい