狭山ケーブルテレビとNTT東日本、「さやまケーブルテレビ&フレッツ光」を提供開始(17.3.7)

狭山ケーブルテレビ(株)(埼玉・狭山市、清水武信社長)と東日本電信電話(株)(東京・新宿区、山村雅之社長、以下NTT東日本)は3月25日より、両社の協業による「さやまケーブルテレビ&フレッツ光」を提供開始する。
狭山ケーブルテレビは、NTT東日本が提供する「フレッツ光」や、光コラボレーション事業者が提供する「コラボ光」の光アクセスサービスを利用して放送サービスを提供。STBなしで地上デジタル、BSデジタル、コミュニティチャンネルを視聴できる「さやまテレビコース」のほか、「ファミリー」「ベーシック」「エコノミー」の多チャンネル放送サービスを提供する。利用にはNTT東日本の「フレッツ・テレビ伝送サービス」および「フレッツ光」「コラボ光」のインターネット接続サービスを契約する必要がある。
また同サービス提供開始に合わせ、今後狭山ケーブルテレビは、伝送路設備をNTT東日本の光ネットワークにすべて移行する。
清水社長は今回の施策に関して、「情報通信技術はどんどん発達し、情報量も飛躍的に多くなっている。そこで技術はNTTにお任せし、ケーブルテレビは地域密着のお客様サービスに特化した方が良いと考えた。今後はサービス業に特化し、社員も42名から拡充する」と、その意図を説明。NTT東日本 埼玉西支店長の飯塚哲也氏は「両社の強みを活かしながら、ITを活用した地域づくりを推進し、地域活性化に寄与したい」と、今後の意気込みを話した。
今回の取り組みにより、狭山ケーブルテレビの接続世帯数は4万7,000世帯から6万7,000世帯に増加。これらに対し放送サービスやサポートサービスなどを提供しつつ、今後は法人向けサービスなどにも力を入れていく。初年度は4,200件を獲得目標としているという。また将来的には、4K実用放送のパススルーでの提供も視野に入れていく。

あわせて読みたい