東北新社、クラウドサービスの開発と普及促進を目的に(株)ねこじゃらしと業務提携(17.11.10)

(株)東北新社(東京・港区、植村 徹社長)と(株)ねこじゃらし(東京・港区、川村ミサキ社長)は、広告・放送・映像業界においてクラウドサービスの開発と普及促進を目的に業務提携した。
広告・放送・映像業界では、コンテンツの高品質高精細化による映像素材のデジタル化が進み、ファイルベースでのワークフローが一般化してきた。こうした中、東北新社では、ネットワークの高速化により可能となった、大容量データのオンライン共有や動画ファイルの受け渡しに、安全性と操作性を兼ね備えたシステム環境を模索。
同社が、映像制作の各分野で長年蓄積してきたノウハウを、クラウドサービスの開発・運営を主体とするITベンチャー企業である(株)ねこじゃらしに提供し、サービスを構築していく。今後両社は、より強固なセキュリティーと直感的で使いやすいインターフェースを持つサービスの実現を目指し、共同で開発していく。また、広告・放送・映像業界においては東北新社が独占販売窓口を担う。
両社はまた、昨今業界で話題となっている働き方改革にも寄与する新しいワークフローを、クラウドストレージを介したプラットフォームで提案していく予定。クラウドを活用することでクリエイターがよりクリエイティブな作業に集中でき、良質なコンテンツが作られていくことを目指して、映像業界での普及促進に努めていくとしている。
なお、11月15日から17日に幕張メッセで開催される「Inter BEE 2017」に、両社は共同出展し、映像制作のためのクラウドストレージサービスを紹介する。

あわせて読みたい