朋栄、静岡放送のスポーツWEBライブ中継にピクセロット社「Pixellot Standard」を活用(19.1.29)

(株)朋栄(東京・渋谷区、清原克明社長)は、同社が輸入代理店を務めるイスラエルPixellot(ピクセロット)社の自動スポーツプロダクションシステム「Pixellot Standard(ピクセロット スタンダード)」が、総合教育・生涯学習機関 ECC Presents 2018 バスケットボールジャパンカップ U14 決勝大会(略称:bj CUP U14、会期:予選リーグ2018年12月26日、決勝リーグ12月27日・28日)の試合中継の一部に活用され、静岡放送(静岡県・静岡)のWEBページにてWEBライブ中継されたことを発表した。今回のデモンストレーションにおいて、朋栄は機材提供ならびに技術協力を行った。
今回の取り組みについて、静岡放送技術局兼編成業務局メディアコミュニケーション部 渥美守氏は、「32試合同時に行われる『bj CUP U14決勝大会』の試合を数多く配信したいと思い、ピクセロットについては、その機能を実際に体験・検証してみたいと考えていた。今回、朋栄に協力いただけたことで、中継車使用のマルチカメラ制作とピクセロットによる無人制作を組み合わせた2チャネル同時配信を実現できた」と話した。
ピクセロット スタンダードによる撮影は、Dコートが見渡せる、このはなアリーナの観客席から行い、チーム名や得点、残り時間などを表示するグラフィックを画面右下に配置。グラフィック内の得点表示や残り時間は、定点カメラの映像をP in Pで合成した。ピクセロット スタンダードは、コート全体の高解像度映像から試合の流れに応じて必要な部分をHDで切り出して出力。WEBサイトにおいては、カメラマンが1台のビデオカメラで試合を撮影したかのような映像を確認できた。

<ピクセロット スタンダードについて>
イスラエル ピクセロット社が開発した自動スポーツプロダクションシステム。4台のカメラ映像を1つの映像としてスティッチング(合成)し、6Kのパノラマ映像を生成。試合状況に応じた最適な画角、アングルをAIが自動で計算し、選手やボールの動きに合わせて自動追従可能。従来カメラマンが行なってきたカメラワークを据付カメラだけで実現する次世代のスポーツ中継システム。

決勝リーグ配信中の静岡放送Webサイト
右側がPixellotによる無人制作

あわせて読みたい