時代劇専門チャンネルのオリジナル8K時代劇「帰郷」、仏カンヌでのワールドプレミア上映が決定(19.8.28)

「時代劇専門チャンネル」(日本映画放送(株)、東京・千代田区、杉田成道社長)は、オリジナル時代劇第20弾として制作する史上初の8K時代劇「帰郷」(原作:藤沢周平 主演:仲代達矢)が、国際映像コンテンツ見本市「mipcom」でワールドプレミア上映されることを発表した。「mipcom」は、フランス・カンヌで開催される世界最大級の国際コンテンツ見本市(主催:Reed MIDEM社)。
ワールドプレミア上映にあたり、本作で存在感を発揮した常盤貴子と佐藤二朗、そして杉田成道監督がレッドカーペットに登場することが決定。作中では、主人公・宇之吉(仲代達矢)が30年の時を経て帰る故郷・木曾福島の地で出会う女性・おくみ(常盤貴子)と、渡世人・栄次(佐藤二朗)を演じ、共演シーンでは丁々発止のやり取りを見せた二人がカンヌのレッドカーペットで、世界のメディアを前に、史上初となる“8K時代劇”の見どころを語る。

【作品概要】
原作:藤沢周平「帰郷」(文春文庫『又蔵の火』所収)
主演:仲代達矢
出演:常盤貴子 北村一輝 緒形直人 谷田歩 佐藤二朗
田中美里 前田亜季 /三田佳子/橋爪功 中村敦夫
監督・脚本:杉田成道
脚本:小林政広
音楽:加古隆
撮影監督:江原祥二 企画・プロデュース:宮川朋之(時代劇専門チャンネル)
プロデューサー:秋永全徳(時代劇専門チャンネル)足立弘平(松竹)
制作:時代劇専門チャンネル 松竹株式会社
上映情報:国際映像コンテンツ見本市「mipcom」にてアジア作品初となるワールドプレミア上映決定
≪開催概要≫
日時:2019年10月14日(月)~10月17日(木)
場所:Palais des Festivals(フランス・カンヌ)
■「帰郷」ワールドプレミア上映日程
10月15日(火) ※フランス現地日程
公式サイト:https://www.jidaigeki.com/kikyo/
公式Twitter:https://twitter.com/kikyo_drama

(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

(C)「帰郷」時代劇パートナーズ

あわせて読みたい