時代劇専門チャンネルとスカパー!、藤沢周平 新ドラマシリーズ 第二弾の制作を発表(17.7.18)

「時代劇専門チャンネル」(日本映画放送(株)、東京・千代田区、杉田成道社長)とスカパーJSAT(株)(東京・港区、高田真治社長)は、7月18日に帝国ホテルにて、今年没後20年を迎える時代小説作家、藤沢周平原作の4作品を映像化した【藤沢周平 新ドラマシリーズ 第二弾】のラインナップ発表会を開催した。名作短篇集「橋ものがたり」から、『小さな橋で』『吹く風は秋』『小ぬか雨』の3篇を映像化する。
記者会見では、『小さな橋で』主演の松雪泰子をはじめ、江口洋介、藤野涼子、田中奏生、杉田成道監督が登壇し、撮影時のエピソードや作品に対する熱い思いなどを語った。『橋ものがたり』3 作のいずれもBSスカパー!で9月、10月にかけてそれぞれ初放送される。このうち「小さな橋で」は、9月18日18時に放送される。

あわせて読みたい