日本コンテンツ専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」、タイ王国での放送・配信開始(2020.3.26)

スカパーJSAT(株)(東京・港区、米倉英一社長、以下スカパー)が運営する日本コンテンツ専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」は、タイ王国のADVANCED INFO SERVICE PLC.(以下AIS)グループが運営する有料多チャンネル放送及び配信サービス『AIS PLAY(エーアイエス プレイ)』で、3月13日(金)より放送・配信を開始した。
「WAKUWAKU JAPAN」は、2014年に開局、インドネシアでの放送を皮切りに日本の様々なテレビ番組を24時間365日、現地の方に現地の言葉で放送(※1)する日本コンテンツ専門チャンネル。ドラマ、バラエティ、旅、食、文化などの番組を通じて、日本の様々な魅力を発信している(※2)。放送・配信を通じて、日本の“今”を各国の視聴者に届け、日本文化や日本の各地域、日本の優れた製品などに対する興味・関心を持ってもらい、また各番組の出演者と現地の視聴者のファンイベントなど様々なプロモーション(※3)を行うなど、各国へ日本のエンターテインメントの情報発信を行なっている。
この度のタイ王国での放送・配信開始に伴い、台湾・インドネシア・シンガポール・ベトナム・ミャンマー・モンゴル・スリランカ・タイ王国の世界8カ所の国と地域、約1,950万世帯(6,995万人、推定値)での視聴が可能となった。新型コロナウイルスの流行により、海外から日本への渡航が難しくなってきている。そんな今だからこそ、スカパーは「WAKUWAKU JAPAN」の放送・配信を通じて、『日本の魅力』をアジア各国へ届けるよう今後も寄与していく、との考えを示している。

※1 現地母国語での字幕付きでの放送となります。
※2 番組表は各国共通、放送時間に関しては台湾・シンガポール時間が基点となるため、国により放送時間は異なります。
※3 過去プロモーションは公式サイトで閲覧可能(https://www.wakuwakujapan.com/ja/promotion/

あわせて読みたい