大分ケーブルテレコム、加入者向け講座「J:COMホルト塾」を開講。初回テーマは「AI」(18.5.24)

大分ケーブルテレコム(株)(大分・大分市、中谷博之社長)は、7月14日(土)より、加入者向け講座「J:COMホルト塾」を開講する。大分ケーブルテレコムが提供する専門多チャンネルサービスでは、映画、スポーツ、ニュース、アニメ、ドキュメンタリーなどの多種多様な専門チャンネルを通じて、知的探求心を満たす、深く掘り下げられたコンテンツを扱っている。
このたび開講する「J:COMホルト塾」では、大分県内の研究者、専門家が、加入者の生活に身近なテーマについて、詳しく分かりやすく紹介する。初回のテーマは「AI時代の明日~私たちの健康を支える人工知能~」。講師に公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 専務理事・副所長の青木栄二氏を迎え、AI(人工知能)によって急速な進化を遂げるといわれる医療分野について講演する。
大分ケーブルテレコムは、「J:COMホルト塾」の開講を通じて、加入者の満足度向上とともに、会場となる「J:COMホルトホール大分」が今後ますます情報と文化の発信拠点となることを目指す。

▼今後の開催スケジュール
第2回:8月18日(土)「インバウンド・ツーリズムの未来」講師 久保隆行(APUアジア太平洋学部 准教授)
第3回:9月15日(土)「大分のいま・これから」講師 神足博美(大分合同新聞社特別顧問 論説委員)
第4回:10月13日(土)「暮らしを守る防災・減災」講師 小林祐司(大分大学 減災・復興デザイン教育研究センター次長・理工学部門准教授)
第5回:11月3日(土)「中継アナが見た大相撲」講師 吉田賢(NHK大分放送局 アナウンサー・放送部副部長)

あわせて読みたい