博報堂DY、WOWOW、イマジカ・ロボット等、4K HDR映像の公衆回線での伝送実験実施(18.2.2)

(株)博報堂DYメディアパートナーズ(東京・港区、矢嶋弘毅社長)と(株)WOWOW(東京・港区、田中晃社長)、(株)イマジカ・ロボット ホールディングス(東京・千代田区、塚田眞人社長)は、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(株)および(一社)映像配信高度化機構の協力のもと、4K HDRの映像作品を外部サーバーから映画館まで公衆回線で伝送・蓄積して上映する、日本初の実証実験を2月8日にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行う。
テレビでの4K放送が進むのと同様、映画館での高精細・高輝度作品の上映ニーズが高まっているという。同実証実験では、「導入済みの4Kシネマプロジェクターにもう一台追加し、二台で同期させて使用することでの4K HDRの再現性の実証」と、「安定的に大容量コンテンツを配信できる技術・インフラの技術仕様要件の整備」を目的に行われる。
なお、映像配信高度化機構の平成29年度実証事業の一環として行われる。博報堂DYが実証実験の進行を統括し、WOWOWがコンテンツ制作、イマジカ・ロボットが配信設備、ソニーイメージングプロダクツが上映設備を担当する。また、博報堂DYはチケット販売の課金モデルの検証も行う。

あわせて読みたい