創刊30号 業界唯一のデータ集「ケーブル年鑑2021」発刊

表紙画像

ケーブルテレビ・衛星放送など、メディアビジネス業界の専門誌を発行するサテマガ・ビー・アイ(株)(東京・中央区、一瀬悦子社長)は、ケーブルテレビ各社の重要なビジネスデータを集約した業界唯一のデータ集「ケーブル年鑑2021」を2020年10月に発刊した。

本編では、加入世帯数、売上、導入システムなど、全国主要ケーブルテレビ305局から得たアンケート回答をベースに、加入世帯数、売上、導入システム、デジタル化状況などの最新データを集計。ケーブルテレビ局の事業概要が詳細に記され、各社の動向を数値で示して明らかにしている。

更に、専門家による「国内外のメディア動向レポート」「新型コロナウィルス感染症の影響によるトラフィックの変化」など、ケーブルテレビ業界のビジネス動向調査や市場予測に効果的な各種レポートなども収録。

本体価格は15,400円(税込・送料別)。なお、Excelデータで独自の統計作業が自在に行えるCD-ROM版も30,000円(税込・送料別)で購入可能。


タイトル: 「ケーブル年鑑2021」
発行:サテマガ・ビー・アイ株式会社
サイズ:A4
頁数:448ページ
定価:15,400円(税込・送料別) ※CD-ROM版 30,000円(税込・送料別)
発行日:2020年10月15日
購入:http://www.satemaga.co.jp/nenkan/

<主な内容>
■ケーブルテレビ局の事業概要

■業界4団体の活動報告
(日本ケーブルテレビ連盟、日本CATV技術協会、日本ケーブルラボ、衛星放送協会)

■総務省におけるケーブルテレビ施策
総務省 地域力創造グループ地域情報政策室/情報流通行政局地域放送推進室より寄稿。行政と連携した防災情報、行政サービスや地域産業に関する情報発信に向けた産官連携の取り組み。

■国内のメディア動向レポート
グラフでみるケーブルテレビの現状

■海外メディア動向レポート
コロナ禍の米国ケーブル業界動向

■特別レポート
新型コロナウィルス感染症の影響によるトラフィックの変化

■関連団体一覧、導入チャンネル一覧

■ケーブルテレビ局キャラクター紹介 ほか

おすすめ