住電、地上デジタル自主放送用一体型センター装置「DME-3703」開発、出荷開始(17.3.10)

住友電気工業(株)(大阪・大阪市、松本正義社長)は、地上デジタル自主放送用一体型センター装置「DME-3703 」を開発し、ケーブルテレビ局向けに出荷を開始した。
これまでの地上デジタル自主放送には、エンコードおよび多重化処理を行う「HD/SDセンター装置」、自主放送を地上デジタル放送と同じ信号方式OFDMで変調する「OFDM変調器」、電源ユニットを2つ以上搭載した「冗長電源装置」の3台の装置が必要だった。同社はこれらの機能を高密度実装により一体化した「DME-3703」を開発。
1H(高さ49mm)サイズ筐体にすべて集約することで、従来の1/3の省スペース化、および低価格化を実現した。これによりケーブルテレビ局における地上デジタル自主放送のHD同時2番組放送および第2ネットワーク構築、18年の高度BS本放送の開始に向けたヘッドエンドスペースと電源環境の確保を後押しする。

あわせて読みたい