住友電工、小型10G-EPON装置がエヌ・シィ・ティで採用(17.2.17)

住友電工(株)(大阪・大阪市中央区、松本正義社長)は、同社の小型10G-EPON局側装置「FSU7102」と家庭向け端末装置「FTE7553-BAX」が、(株)エヌ・シィ・ティ(新潟・長岡市、澤田正彦社長)に採用されたと発表した。
FSU7102」は従来製品(10U)より半分以下(4U)にダウンサイズした小型10G-EPON局側装置。小型ながら6枚の回線カードを収容可能となっている。
エヌ・シィ・ティは住友電工製品を用いたFTTHシステムを導入し、1月より10Gbpsのインターネットサービスを提供している。

あわせて読みたい