ヤマハ発動機とエンルート、産業用ドローン分野で業務提携へ(17.4.20)

ヤマハ発動機(株)(静岡・磐田市、柳弘之社長)と(株)エンルート(埼玉・ふじみ野市、瀧川正靖社長)は、産業用ドローン事業での業務提携に向けた検討を開始した。
ヤマハ発動機は1989年に農薬散布用無人ヘリを発売。その後植生調査や計測業務、防災、災害支援などの分野でサービスを提供。2018年にはマルチローター型の散布ドローンの発売を予定している。
一方エンルートは、農業用分野でのマルチローター型ドローンでは日本初の農林水産航空協会による性能確認基準の適合を受け、17年3月末で累計500台を販売。その他幅広い産業分野で官公庁等にプロ用ドローンを開発・納入している。
今後両社は8月を目途の業務提携契約を締結し、農業等の散布ドローンをはじめとした産業用ドローン事業のグローバル展開や、精密農業、各種インフラ点検、測量、環境対策、災害対応、運輸、漁業などドローンを利用した新規市場開拓での協業を目指す。

あわせて読みたい