ヤフーとイオン九州、即時配達サービス「PayPayダッシュ」実証実験を3月16日から開始(2020.3.12)

ヤフー(株)(東京・千代田区、川邊健太郎社長)とイオン九州(株)(福岡・福岡市、柴田祐司社長)は、即時配達サービス「PayPayダッシュ(※1)」の実証実験を、2020年3月16日から開始する。福岡県天神エリア限定で、イオンショッパーズ福岡店の約150種類の商品を、注文から最短30分(※2)で自転車にて配達する。これに伴い、3月12日から「PayPayダッシュ」のアプリ(iOS版・Android版)を提供開始した。
本実証実験は、物流分野においてイオン九州と、ソフトバンク(株)(東京・港区、宮内 謙社長兼CEO)やそのグループ企業が連携する施策の第2弾として実施する。第1弾として、イオン九州とラストワンマイル配送の実証実験を行なったソフトバンクは、本実証実験において、オンラインとオフラインを結ぶ配達サービスを、実店舗でのオペレーションに実装するノウハウを提供する。
ユーザーは「PayPayダッシュ」のアプリ上で配達先を指定して、お弁当やパン、飲料、お菓子などの商品を注文すると、最短30分(※2)で商品を受け取ることができる。「PayPayダッシュ」の配達員は注文を受けた後、店舗で該当商品をピックアップし、自転車で商品を配達先に届ける。支払いは、商品受け取り時にユーザーの「PayPay」アプリ上で行う「PayPay」決済、または商品注文時に「PayPayダッシュ」のアプリ上で行うクレジットカード決済のいずれかを選択可能。
経済産業省が発表した2018年のBtoC-EC市場規模(物販系分野)は、9兆2,992億円(前年比8.12%増)と増加しており(※3)、インターネット通販やネットスーパーの市場は成長している。「PayPayダッシュ」は、共働き世帯や高齢者など、実店舗まで日用品を購入しに行くことに不便や苦労を感じる方の課題を解決できる。また、インターネット通販の課題である注文から配達までにかかる日数を気にせずに買い物ができ、「いますぐ欲しい」というニーズに応える。対象エリア内であれば、自宅以外の配達先も指定できるため、勤務先での飲料やお菓子の調達などあらゆるシーンで利用が可能。
Yahoo! JAPANとイオン九州は本実証実験により、実店舗から配達先のラストワンマイルの即時配達ニーズを把握するとともに、今後の取扱商品の拡大や、他の地域での展開を検討し、さらなる買い物体験の向上に努める。また、産業のデジタル化による社会課題解決を目指す取り組みの一環として、物流分野のデジタルトランスフォーメーション(DX)に注力するソフトバンクと連携しながら、ICT(情報通信技術)による物流の効率化に向けた協業を、今後も継続的に検討していく考え。

<実施期間>
2020年3月16日~終了時期未定(※4)

<対象エリア>
福岡県西鉄福岡(天神)駅付近の一部地域

「PayPayダッシュ」サービスページ
https://paypaydash.yahoo.co.jp/campaign/start/

※1 「PayPayダッシュ」のサービスおよびアプリの提供元は、Yahoo! JAPAN。
※2 配送時間は目安。最短30分~1時間程度の見込み。
※3 経済産業省「平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査)」より
※4 実証実験のため、早期に終了する場合あり。

あわせて読みたい