ミハル通信と古河ネットワークソリューション、さっぽろ雪まつり8K映像伝送実験に参加(19.2.13)

ミハル通信(株)(神奈川・鎌倉市、中村俊一社長)古河ネットワークソリューション(株)(神奈川・平塚市、谷渕克典社長)、共に古河電工グループの2社は、国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)が行った「さっぽろ雪まつり8K映像伝送実験」に参加した。実験は2019年2月4日から7日まで札幌・大阪・東京・沖縄などの複数拠点を結んで行われ、札幌の雪まつり会場の8Kライブ映像をはじめとする様々な解像度での多地点配信実験が実施された。
今回の実験でミハル通信の「8K HEVCエンコーダー(開発中)」「ISDB-S3変調器」、また古河ネットワークソリューションの「仮想ルータ」「VPNルータ」が使用された。実験を通して、同エンコーダーが8K映像伝送装置として多地点マルチキャスト配信にも対応し、同変調器と組み合わせることで8K映像を市販8Kテレビに映像伝送する、8K館内共聴システムが構築できることが実証された。今後、医療、セキュリティー、エンターテインメント分野などで8K映像の導入が予想されるが、今回の実験で実証された多地点間の8K非圧縮伝送システム(神奈川工科大学情報学部の丸山教授らによる)、ミハル通信製装置による8K館内共聴システムが大きな役割を担うことになる。また古河ネットワークソリューションの「VPN ルータ」を用いて映像圧縮データ伝送にセキュリティーを施し、データ改竄・盗聴などへの備えを行った。実験を通しては、いくつかのサイバー攻撃に対し耐性を示す一方、新たなるホールへの対策強化アイデアが浮かぶなど多くの成果を得た。

札幌実験会場の様子

あわせて読みたい