プラットイーズ、「4K・VR 徳島映画祭 2018」受賞作品を発表(18.11.27)

(株)プラットイーズ(東京・渋谷区、瀧 一郎社長)は、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K・VR 徳島映画祭 2018」を 11 月 22 日(木)~24 日(土)に開催した。3 日間で 5,200 人(昨年は 4,700 名)が来場し、応募総数110 点の中から受賞作品を発表。本映画祭は多数の優秀な作品の上映に加え、多くの製作者・クリエーター、4K8K、VR を含め、業界の最前線で活躍する人々で盛況した。

【受賞作品】
■大賞
「北信濃に暮らして」 監督:山岸 慎治 株式会社 Goolight
■優秀賞
「ウルトラマンゼロ VR」 監督:田口 清隆 株式会社 円谷プロダクション
「おまんと祭り~この馬とまれ~」 監督:上西 将寛 株式会社キャッチネットワーク
■ケーブルキャスト賞
「琉球列島 生命のシンフォニー やんばる奇跡の森の物語」 監督 : 井上 真喜 琉球放送株式会社
■ニューフェイス賞
「きらめきの海空 TOKUSHIMA 4K AQUARIUM EDITION」 監督:石井 友規 株式会社丸菱
■地域作品賞
「ねぶた師、表現者の365日」 監督:三浦 直 青森ケーブルテレビ株式会社
ドキュメンタリー賞
「激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡」 監督:大下 広 ケーブルテレビ徳島株式会社
■映像賞
「Undiscovered Tokushima , The Real Tokushima」 監督:井上 拓馬 徳島市役所
■神山町長賞
「全ては熊から教わった!木彫家 藤戸竹喜の世界」 監督:眞鍋 浩史 札幌テレビ放送株式会社
■徳島県知事賞
「阿波藍の四季~究極の色彩を求めて~」 監督:織田 省二 NHK 徳島放送局

「4K・VR 徳島映画祭 2018」授賞式の集合写真

あわせて読みたい