フジテレビONE/TWO/NEXT×J:COM共同制作 連続ドラマ『記憶』制作発表&トークイベント開催(18.2.9)

(株)フジテレビジョン(東京・港区、宮内正喜社長)と(株)ジュピターテレコム(東京・千代田区、井村公彦社長)は2月9日、東京ソラマチ内J:COM Wonder Studioにて、フジテレビONE/TWO/NEXTとJ:COM共同制作 連続ドラマ『記憶』の3月21放送を記念して、ドラマのメインキャストである泉澤祐希と今田美桜によるスペシャルトークイベントを開催した。
同ドラマは、韓国で大ヒットした『記憶~愛する人へ~』を、J:COMとフジテレビの共同制作で日本版としてリメイク。若年性アルツハイマーを宣告された弁護士の人生をかけた闘いと、家族の愛を描く人間ドラマ。主演の弁護士・本庄英久を中井貴一、その妻を優香、本庄を支える新人弁護士を泉澤祐希、女性スタッフを今田美桜、また本庄の別れた前妻を松下由樹が演じる。
トークイベントでは、泉澤祐希と今田美桜の若い2人が、中井貴一と共演できる喜びと緊張感を語った。2人とも中井と一緒のシーンが多く、泉澤は「中井さんとこんなにたくさん一緒に芝居できてとても幸せです」、今田は「緊張のあまりせりふを噛んでしまうのですが、中井さんが笑わせて、場を和ませてくださいます」とエピソードを紹介。最後に、泉澤は「皆さんの『記憶』に残るドラマになるよう精一杯がんばります」と挨拶した。
J:COMとフジテレビは、同ドラマの第1話を3月21日に「J:COMプレミアチャンネル」と「フジテレビNEXTライブ・プレミアム」で同時放送。以降毎週水曜日22時から全12話放送する。同ドラマは4Kでも撮影されており、放送後の同日深夜0時からはJ:COMの動画配信サービス「J:COMオンデマンド」で4K版を配信する。

あわせて読みたい