ファーウェイ、5G端末のフィールド・トライアル完了(17.2.28)

ファーウェイは2月23日、3.5GHz帯の200MHz幅を利用して、5G端末のフィールド・トライアルを完了した。
バッテリー駆動型の5G端末プロトタイプは、小型のマルチアンテナでRF信号を送受信し、ソフトウェア定義のベースバンドにも対応しており、現在3GPPで定義されているNR(New Radio)の無線インターフェース・パラメーターに準拠している。Massive-MIMO対応のマクロ基地局が配信された環境で、この5G端末のスループットは最大5G/秒に達したという。

あわせて読みたい