ピクセラ、新4K8K衛星放送開始半年前セレモニーで4K Smart Tunerを実演デモ(18.5.30)

(株)ピクセラ(大阪・大阪市、藤岡浩社長)は、(一社)放送サービス高度化推進協会が主催する、6月1日(金)開催の新4K8K衛星放送開始半年前セレモニーの出展企業に選定された。受信機メーカーとしては、東証上場企業の中から同社を含め4社が出展。会場では、2018年12月1日から国内で開始される「新4K8K衛星放送」に対応した4K Smart Tuner「PIX-SMB400」の実演デモを実施する。
現状市販の4Kテレビでは新4K8K衛星放送を受信できないため、新4K8K衛星放送を受信できない4Kテレビが、2018年12月末時点で国内には累計900万台存在するといわれる。総務省では「2018年の放送開始に合わせて外付けチューナー等の機器が別途必要になる」と注意喚起を行うとともに、新4K8K衛星放送の視聴方法等に関する消費者への周知・広報の強化を図っている。今回のセレモニーでは、当該4Kテレビに対する新4K8K衛星放送を受信可能にするソリューションとして、同社の4K Smart Tunerが展示される。
本製品は、Android TV OS搭載のため、新4K衛星放送だけでなく、YouTubeやNetflixが配信する映画、スポーツの生中継、ストリーミング アプリ、ゲームなど、多彩なコンテンツのほか、スマートフォンやGoogle Home に搭載されるGoogleアシスタントにも対応し、音声によるテレビの選局や音量調整などを実現する。これらの新しい機能は会場で体験できる。

あわせて読みたい