ピクセラ、ソフトバンク開幕3連戦のVRライブ配信実証実験にプラットフォームを提供(18.3.22)

(株)ピクセラ(大阪・大阪市、藤岡浩社長)は、VRライブ配信プラットフォーム戦略の実現に向けて、ソフトバンク(株)(東京・港区、宮内謙社長兼CEO)と福岡ソフトバンクホークス(株)(福岡・福岡市、後藤芳光社長)が実施するライブストリーミング配信の実証実験において、VRライブ配信プラットフォームを提供することを発表した。
本実証実験では、福岡ヤフオク!ドームで開催される、福岡ソフトバンクホークス対オリックス・バファローズの開幕3連戦(3月30日~4月1日)にオープン戦1試合(3月24日)を加えた計4試合について、VR視聴アプリ「パノミル」を通じ、全イニング無料で配信する。
配信映像は、VR視聴アプリ「パノミル」をダウンロードした端末にVR視聴に対応したゴーグルをセットして視聴可能。球場内に3台のVR用カメラ(バックネット裏、一塁側内野席、外野席)を設置、利用者は映像内にあるカメラのマークに焦点を合わせるなどの操作を行う事で、各カメラの映像を切り替えることができる。バックネット裏視点ではMagicVision™によるサブスクリーンを表示させ試合を中継する。
球場で観戦しているかのような臨場感のVRライブ映像と、サブスクリーンに映し出される二次元の試合映像で、これまでの球場やテレビ観戦では得られなかった、まったく新しい野球観戦体験を提供する。

あわせて読みたい