パナソニックと産総研、「先進型AI連携研究ラボ」を設立(17.1.31)

パナソニック(株)(大阪・門真市、津賀一宏社長)と国立研究開発法人産業技術総合研究所(東京・千代田区、中鉢良治理事長、以下産総研)は、2月1日に「パナソニック-産総研 先進型AI連携研究ラボ」を設立する。
同ラボは、2016年4月に制定された産総研連携研究室制度を活用して設立されるもの。産総研の情報・人間工学領域が持つ人工知能・ロボット技術と、パナソニックの家電・住宅・車・産業などの事業領域で、今後想定される社会課題や顧客課題とを掛け合わせ、より良い暮らしと社会の実現に貢献する先進型AI技術の研究を行う。
具体的には少子高齢化に伴う労働不足を鑑み、健康・介護分野、流通・接客分野において、先進の対話技術やロボット技術による業務支援に関する研究開発を行う。またAI技術向上による膨大な計算能力の必要性をふまえ、計算機環境に関する共同開発も行う。

あわせて読みたい