パナソニック、「新4K衛星放送」2番組同時録画対応のブルーレイディスクレコーダー新製品3モデルを発売(19.7.2)

パナソニック(株)(大阪・門真市、津賀一宏社長)は、業界で初めて「新4K衛星放送」の長時間録画モードに対応したブルーレイディスクレコーダーの新モデル、ディーガ「DMR-4W400」「DMR-4W200」「DMR-4S100」を7月19日より発売する。
新4K衛星放送は、従来放送よりも高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現が魅力。本シリーズは、新4K衛星放送番組の視聴、ハードディスクへの録画に加え、放送画質のままブルーレイディスクにダビングが可能だ。新たに4K長時間録画モードに対応し、高精細な新4K衛星放送番組をより多く残すことができる。また、「4W400」「4W200」は新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載し、録りたい番組が重なっても2番組同時録画ができる。
さらに録画番組の視聴だけでなく、ディーガにためた写真・動画や音楽をスマートフォンで楽しめる「おうちクラウド機能」も進化させた。本シリーズでは、新たに写真・動画にメッセージを付けることができ、大切な思い出を家族と共有し、より楽しむことができる。また、ブルーレイディスクを本体にセットし、設定すれば、写真・動画を手間なくブルーレイディスクに自動で保存できるようになる。
パナソニックは本シリーズにより、新4K衛星放送の様々な番組が楽しめる新しいAVライフを提案する。

<特長>
1. 業界初「新4K衛星放送」の4K長時間録画モードに対応
・4K長時間録画モード対応で高精細な「新4K衛星放送」の番組をより多く残せる
・ブルーレイディスクにも4K長時間録画モードでたっぷりダビングできる
2. 業界初「新4K衛星放送」の2番組同時録画に対応(DMR-4W400/4W200)
・新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載。録りたい番組が重なっても録り逃しを防げる
3. 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる(※5)(※9)「おうちクラウド機能」
・録画番組や写真・動画・音楽も、スマートフォンで楽しめる
・写真・動画にメッセージを付けて送れる
・写真・動画を自動でブルーレイディスクに保存できる

あわせて読みたい