パイオニア、ケーブルテレビ関連機器事業をテクニカラーに譲渡(17.1.31)

パイオニア(株)(東京・文京区、小谷進社長)は、同社のケーブルテレビ関連機器の開発・製造・販売に関する事業を、Techni color S.Aの子会社Techni color Delivery Technologies S.A.S(以下テクニカラー)に譲渡することを決定し、テクニカラーとの間で株式譲渡契約を締結することを決議した。
譲渡にあたっては、パイオニアのケーブルテレビ関連機器事業を吸収分割方式により、3月31日(予定)を効力発生日として、パイオニアの100%子会社であるパイオニアケーブルネットワーク(株)(以下PCN)に承継。同日付(予定)でPCNの発行済株式の51%をテクニカラーに譲渡する。
パイオニアはカーエレクトロニクス事業への経営資源の集中を加速させるため、それ以外の事業の選択と集中を推進。その中でケーブルテレビ関連機器事業を譲渡することを決めた。

あわせて読みたい