ノキアと仙台市、市民の安全・安心の向上と地域産業の支援に関する連携協定を締結(17.10.18)

ノキア(本社:フィンランド)と仙台市(郡和子市長)は、2011年の東日本大震災からの復興を支援し、市民生活の質を向上させるために同社の最新技術を提供する連携協定を締結した。この協定に基づき、市民の安全・安心を向上させる防災・減災の取り組み、MEC(マルチアクセス・エッジ・コンピューティング)や5Gアプリケーションの市内での検証などを行なっていく。
18年の実施を目指し、最新技術を活用した共同での防災訓練の検討も始めており、その後も防災・減災分野における取り組みを進めていく。また、ノキア・イノベーション・プラットフォームやその他のイノベーションプログラムを活用した共同検証を仙台市内の大学やスタートアップと実施することで、地域のエコシステム構築や海外市場への展開等をサポートする。
同社と仙台市は、市内にMECや5Gを検証するためのテストベッド環境を構築し、関連分野でのユースケース創出を促進する考え。最初の共同活動として、11月25日~27日に仙台市で開催される世界防災フォーラム(IDRC)2017にて同社のパブリック・セーフティ・ソリューションを紹介する予定。Nokia Ultra Compact Network(非常用可搬型基地局)のほか、Nokia Group Communicationsのプッシュ・トゥ・トークおよびプッシュ・トゥ・ビデオ対応アプリケーションを搭載した高耐久性デバイス、ドローン等を展示する予定という。
今回の同社と仙台市のパートナーシップは、03年から始まった数々の健康福祉プロジェクトを通じた同市とフィンランドの深い親交によって実現したもの。また、フィンランドのオウル市と仙台市は05年より経済協定を結び、ゲーム、ヘルスケアIT分野など多数のプロジェクトで協業してきた。

あわせて読みたい