ニチガス、U-NEXTマーケティングのAIコンシェジュで、利用手続の一次受付を自動化(18.1.9)

(株)U-NEXTマーケティング(東京・渋谷区、溝辺和広社長)と日本瓦斯(株)(東京・渋谷区、和田眞治社長、以下ニチガス)は、1月中旬にAI技術を活用した自動応答サービス「AIコンシェルジュ」を用いて、ガス利用の手続きの電話受付を開始する。
ニチガスはLP事業における顧客対応業務に「AIコンシェルジュ」を導入し、開栓・閉栓作業、緊急時対策、料金問い合わせなどの一次受付を自動化する。ニチガスは年間約3万3,000件の開栓受付を有人対応で行なっていた。これを自動化し、24時間365日電話応答することで、開栓申込みを可能にする。なお、AIコンシェルジュで受け付けたものは、受付官僚後、営業担当者へ情報連携される。
ニチガスは今後、第2ステップとして、ニチガスのクラウド型基幹システムとの連携を進め、ボーダレス、リアルタイム、かつ自動の顧客対応実現を目指し、第3ステップとして、両社が共同で合弁会社を設立し、エネルギー小売業界へのBtoBを目指す。

あわせて読みたい