チャンネル銀河、痛快コメディ「ちかえもん」を2019年2月3日に一挙放送(18.12.20)

「チャンネル銀河 歴史ドラマ・サスペンス・日本のうた」(チャンネル銀河(株)、東京・千代田区、寺嶋博礼社長)は、2016年に放送し痛快娯楽時代劇として人気を博したNHKドラマ「ちかえもん」を2019年2月にCSで初放送することを決定した。
また今回の放送を記念し、「ちかえもん」の魅力を語り合うTwitter投稿キャンペーン『ちかえもんの魅力、みんなで語りまんねん~』を実施する。
主演は、人気劇団「大人計画」を率いる鬼才・松尾スズキが、スランプに陥った冴えない中年作家・近松門左衛門(ちかえもん)役を演じる。脚本は、連続テレビ小説「ちりとてちん」、大河ドラマ「平清盛」を手掛けた藤本有紀。「ちかえもん」は、浄瑠璃作家・近松門左衛門の代表作「曾根崎心中」が誕生するまでの苦悩を史実に基づいて大胆にフィクション化し、コメディ要素を交えた人間ドラマに仕上げたもので、時代劇では初めてとなる第34回向田邦子賞を受賞した。
「ちかえもん」は、普段時代劇を見ない人も気軽に楽しめる仕掛けが随所に散りばめられている。セットも登場人物の衣装も所作も時代劇の設定だが、近松の心の声(モノローグ)が“現代的”だったり、アニメーションを使ったり、70年代フォークソングや昭和歌謡を替え歌で歌唱するなど遊び心が満載。魅力的な登場人物と一緒に泣いたり笑ったりできる「ちかえもん」の世界が堪能できる。

▼「ちかえもん」作品情報
放送日時:2019年2月3日(日)午後1:00-夜9:30 8話連続
再放送:2月14日(木)スタート(月-金)深夜0:00-深夜1:00
出演:松尾スズキ(近松門左衛門)、青木崇高(万吉)、優香(お袖)、小池徹平(平野屋徳兵衛)、早見あかり(お初)、山崎銀之丞(黒田屋九平次)、北村有起哉(竹本義太夫)、岸部一徳(平野屋忠右衛門)、富司純子(喜里)ほか
作:藤本有紀(「ちりとてちん」「平清盛」)/制作:2016年/話数:全8話

▼『ちかえもんの魅力、みんなで語りまんねん~』Twitter投稿キャンペーン
【概要】「#ぎんがえもん」をつけて、「ちかえもん」の魅力をつぶやこう!
【応募期間】2018年12月20日(木)~2019年2月3日(日)
【商品】「ちかえもん」DVD-BOXを抽選で10名にプレゼント

特集サイト: https://www.ch-ginga.jp/feature/chikaemon/

あわせて読みたい