チャレナジーとスカパー!、風力発電と衛星通信をあわせたサービスの事業化に向けて協力(18.1.30)

(株)チャレナジー(東京・墨田区、清水敦史代表取締役CEO)とスカパーJSAT(株)(東京・港区、高田真治社長)は、電力や通信が脆弱な国や地域を主な対象に、風力発電と衛星通信をあわせたサービスを19年度中に事業化することを目指し、協力活動する。世界の風力発電市場(洋上含む)は、2030年までに9.7兆円まで拡大すると予測されている。
現在、チャレナジーが開発中の「垂直軸型マグナス式風力発電機」は、強風・乱流下でも安定した発電が可能であり、一般的なプロペラ式風車のように高速で回転しないため、騒音やバードストライクといった環境影響も提言できるのが特長で、離島や山間部等で普及させられる世界初の技術。
この技術を用いることで、電力供給に課題のあった離島や山間部でも地上の通信機器が安定的に稼動できるようになり、また電力供給途絶が懸念される災害後でも継続的に通信環境を維持することができる。
同協力の第一弾として、1月10日から沖縄県の共同実証実験を開始している。

あわせて読みたい